ヘンプオイルの活用方法 2017-10-20T14:08:56+00:00

ヘンプオイルの活用方法

自分にあったオイルを見つけて全身しっとり、すべすべ肌

ボディケア、フェイスケア~

🔶化粧品にブレンドする

乳液やクリーム、ジェル、美容液、などを塗る際に、ヘンプオイルを12滴ブレンド(混ぜる)すると、肌なじみがよりいっそう良くなり、肌のしっとり感が持続します。

🔶スキンケアのブースターとして

サラッとしていて肌なじみに優れたヘンプオイルは、ブースターとしての使用もおすすめです。乾燥やごわつきが激しいときなどは、洗顔の後、すぐに少量のオイルを顔に伸ばし、その後化粧水などでお手入れをするという方法もあります。オイルが細胞を柔らかくし、化粧水などの馴染みをアップさせ、保湿機能を高めてくれます。(オイル→化粧水→オイル(クリーム・美容液))の順 

🔶フェイシャルオイルパック 

ヘンプオイルでオイルパックをすると、古い角質や毛穴の黒ずみ、毛穴に詰まった頑固な皮脂を落としてくれると共に、肌がしっとりと潤いのある艶やかな美肌へと導いてくれます。洗顔後のきれいな肌に、オイルを適量(やや多めに)手にとり、お顔全体をやさしくマッサージしながらなじませます。その後、蒸しタオルを3分ほどお顔の上にのせ、そのままオイルをやさしく拭き取るか、軽く洗顔してください。

🔶美肌フェイスマッサージ 

マッサージをすることで、血行やリンパの流れを良くし肌細胞の再生を助け、シミやシワやお顔のむくみなどを防いでくれます。洗顔後、化粧水などでお肌を整えた後、オイルを適量(やや多め)手にとり両手の中指と薬指を使って、ひたい、目のまわり、鼻、ほほ、口のまわり、あごの順にやさしくマッサージしながらなじませてください。

🔶手や爪のトリートメント(ハンドケア)

ヘンプオイルは、カサついて荒れてしまった手や指先、乾燥した爪・傷んだ爪をしっとりすこやかにします。オイルを手や指先(爪)に塗り、親指で指のつけ根から先端まで、らせんを描きながら、マッサージします。ネイルを塗る場合は、オイル分が残っているとネイルが定着しにくいので、拭き取ってから塗りましょう。

🔶ボディケア(マッサージ)

入浴後の肌の保湿ケアは、乾く隙を与えないのがポイント。お風呂から出で、まだ水滴が残っている状態の肌にヘンプオイルをまんべんなくマッサージするようなじませであげましょう。特に、ひじ、ひざ、かかとなどの角質ケアにオイルは効果的です。

頭皮ケア~

★ヘアケア&ヘッドマッサージ

ヘンプオイルは、頭皮に栄養を与えてフケ・かゆみを抑え、地肌をすこやかに保ってくれます。頭皮ケアを続けることで育毛効果が期待できます。

★ヘアケア

ヘンプオイルを手のひらにとり、髪になじませて整えます。傷んでしまった毛先や、広がりやすい髪を自然に落ち着かせます。

頭皮ケア(マッサージ)

頭皮の毛穴に詰まった汚れや皮脂をオイルで浮かせてクレンジングしましょう。ヘンプオイルを頭皮にマッサージしながらなじませ、髪にもなじませます。その後、ヘアキャップやホットタオルなどで覆い、約35分後にシャンプーをしてください。

ベビー&ママ~

ベビーマッサージ&マタニティケア 

ベビーマッサージは、親と子のスキンシップを深め、心身の柔軟性を高める上で効果的です。赤ちゃんに声を掛けながら、ヘンプオイル100%でやさしくマッサージをします。

マッサージ後は、オイルをそのままなじませるか、軽く拭き取ってください。また、妊婦さんの妊娠線予防や産後のケア、ベビースキンケアにもご使用いただけます

アロマテラピー~

ブレンドオイル

ヘンプオイルは、ほかの植物オイルや精油とも相性抜群。肌やお好みに合わせてブレンドし全身のマッサージに利用しましょう。

手作りコスメなど

ヘンプオイルには乳液や石鹸、キャンドルなどの材料にも利用できます。オーガニックヘンプオイル100%のヘンプオイルにで自分だけのオリジナルヘンプグッズを作ってみましょう。